プラセンタの副作用~本当の真実

もっと綺麗になりたい。このままじゃヤバイ!

と感じる女性ほど注目なのがプラセンタ。

しかし、プラセンタは何か副作用などリスクがありそうな気がしませんか?言葉の響きのせいでしょうか?何かいいことばかりアピールされて騙されているような気もしますよね。

このサイトでは、プラセンタの副作用について解説。そして、プラセンタでもいいじゃん!と思った人、やっぱりプラセンタはダメだ!と思った人。両方が納得できる条件を満たしたサプリメント等も紹介していきます。

プラセンタでO.K.と思った人用

プラセンタの代わりを見つけたい人用

プラセンタで具合が悪くなる?

プラセンタ注射やサプリメント、化粧品とかで具合が悪くなったとかないのかな?

すごく良いって聞くけど、その分副作用が高いんじゃないの?

体調に変化が出る人はいるが副作用とは違う

プラセンタは注射、サプリメント、化粧品問わずに副作用が危険ということはありません。そもそも、プラセンタというものが、人間を含めて生物が作ったものなので、合成薬のように初めて体内に入るような代物ではありません。なのでプラセンタは薬ではなく、食品と言えるものなので、この時点で副作用という薬に使う表現は当てはまりませんね。

ただ、一部では、だるくなったり、眠くなりやすくなる、食べる量が変わっていなのに少し太った、下痢しやすくなったという人がちらほらいます。

これは、例えば、○○を食べるとお腹が緩くなる、眠くなる、他の食べ物より太る、などなど、各個人でよくあることと同じです。この○○がプラセンタに置き換わっただけ。プラセンタの美容パワーがすごい!と言われるように、そのすごさが逆に合わない人にはまるで副作用のように思えてしまう、というのが真実です。

それに、プラセンタ使用者に、気持ち悪くなる、どこかが痛むといいった露骨な副作用は報告されておらず、仮にそのような症状が起きてもプラセンタとは関係のないところで起きてしまったと考えるのが自然です。

プラセンタは食品と同じ

そもそもプラセンタとは何も得体のしれない成分ではありません。

薬で副作用が起きるのは、元々体内にないような成分を取り入れるため起きるものです。体に元々あるものを取り込む限り、取り過ぎて具合が悪くなることやアレルギーがない限り副作用はおきえません。

そしてプラセンタですが、その中身はアミノ酸やビタミン、ミネラルといったもので、私達が普段から口にしているものの集合体です。

ただ、その濃度、バランス、含まれる栄養素の価値観が非常に高く、普通に食事したのでは到底取りきれないものが詰まっているのがプラセンタです。

なので、プラセンタは薬ではなく栄養補助食品みたいなもの。しかも目新しい奇抜なものではなく、自然なものの集まりであるため、副作用という言葉自体が馴染まないということなのです。

サプリメント一覧

プラセンタは病気やウイルスに感染する?

プラセンタって赤ちゃん産んだ時の胎盤でしょ?

血液とか関係しているしHIVエイズとか肝炎ウイルスとか大丈夫なの?

プラセンタの原材料

プラセンタは哺乳類が出産時に排出する胎盤です。赤ちゃんがお腹の中でこれを通して栄養を取り入れていた、新生児のベッドですね。

プラセンタというとこの胎盤を精製したものを一般的に指しています。

ただ、人の胎盤を原材料にしては注射だけ。サプリメントや化粧品に使用されているものは、馬か豚のどちらかです。

原材料が病気にかかっていたら感染するんじゃない?

一番怖い副作用が、プラセンタによる感染症ではないでしょうか。

でも、もう長年世界で愛用されているプラセンタで、注射、サプリメント、化粧品問わずに感染症の類は報告されていません。ハリウッド女優はもちろん、日本の女優さん、男性もお年寄りもプラセンタを使用しているため、何か病気にかかればたちまち大騒ぎになるでしょう。でもそんなことは起きていませんね。

注射に使う胎盤は相当検査されています。これが、例えば髪の毛を原材料にするとかだったらそこまで検査しないかも、というレベルです。

というのは、やはり血液を媒介していた組織なので、もしわずかでも何かあれば影響が出るのは間違いないからです。そのため、プラセンタ注射に使われる胎盤は相当厳格な基準で選ばれて検査を繰り返しています。

それに血液自体が含まれるわけではありません。そういったものは精製して取り除くので、むしろ献血、輸血のほうがリスクが高いと言えるんですね。

人はともかく、馬や豚って鳥インフルエンザみたいなリスクはないの?

人のプラセンタは相当な検査を受けていますが、同じく馬や豚のプラセンタもかなり厳格に検査されています。

鳥インフルエンザやエキノコックス(キツネや犬・猫)なんかはかなり怖い感染症、ウイルスですが、豚や馬ってこういった話を聞かないですよね?

豚は生で食べられないだけの話で、馬に至ってはユッケ禁止の今でも生食できるほど安全なお肉です。しかも馬に至っては馬油でお馴染みのように、組織構成が結構人の近くて人に利用しやすいメリットがあるくらいです。

逆に羊なんかは何もなさそうで、牛肉で問題となったBSEの元となるスクレイピー感染のリスクがあります。

病気に強くて危険な感染症リスクもない。だからこそプラセンタの原材料に豚や馬が選ばれているんです。馬なんて犬や猫みたいに何匹も何回も生むものじゃないですよね。年に1頭だけしか生まないので生産効率は悪いです。でも安全だからこそ馬が選ばれているんです。

ただ、その馬の良さをうまく利用して、たくさんプラセンタが入っているような誤解を生ませる業者もあるのでその辺は注意。実際、豚採用のほうが優れいてるサプリメントも結構あります。

注射はいいけどサプリメントとか化粧品は怪しい物がありそう…

そもそもプラセンタの原材料をサプリメントメーカーや化粧品メーカーが作っているわけじゃありません。

全てではありませんが、医療用のプラセンタを作っている医薬品メーカーが製造したものを使っているんです。だからこの時点で、プラセンタの副作用なんて心配に及ばないというわけです。

もしこれが、わけの分からないメーカーが独自に精製したプラセンタなら、副作用が起きるかどうかより、品質的に問題があるかもしれませんね。

原材料に安心できるサプリメント

慎重なあなたへ!本当に安心なプラセンタ選び

念には念を押して、副作用リスクが心配ないプラセンタ選びってどうやればいいの?

注射はともかく、サプリメントは化粧品はかなり不安!

注射は気にする余地がない

注射でプラセンタを取り入れる場合、必ず病院にいく必用があるため、こちらからそのプラセンタ注射のメーカー等をチェックする必要はありません。

プラセンタ注射のメーカーが乱立しているわけでもなく、何かトラブルが起きたことはありません。

ただ、念には念を入れて、プラセンタ注射を受けている人は献血が拒否されます。それで副作用等の問題が起きたからではなく、血を介することになるため、超慎重にという処置のためです。

どうしても気になるなら人に近い馬?

サプリメントは化粧品の場合、豚か馬になりますが、人の皮脂やセラミドに近いものを持っている馬のほうが、人に近い分より安心とは言えるでしょうね。

それにプラセンタに含まれる栄養量・構成も馬のほうがかなり優れています。その分ちょっと馬のほうが高価です。

予算に問題なければ、内容栄養素的にも馬のほうがお得で安心感は強いでしょう。でも豚プラセンタは手軽だし、豚だから馬より危ないなんてことは一切無いですよ。

先にも書きましたが、馬プラセンタだからって上手に配合量をごまかして誤解させる表記のメーカーもありますからね…

馬プラセンタサプリ

やっぱり怖い!プラセンタの代替品・代わりになるものは?

やっぱりプラセンタは微妙かな…

プラセンタと同じ効果があってもっと自然で安心できる代替品はないかな?

プラセンタパワーの中心はアミノ酸だった

プラセンタは何がそんなにすごいかというと、そのパワーの源はアミノ酸にあると考えられています。

  • L-アルギニン
  • L-グルタミン
  • L-リジン
  • L-トリプトファン
  • L-フェニルアラニン

こういったアミノ酸が豊富に含まれているのですが、これらは細胞が元気に生まれ変わるのに必須不可欠なものです。

そしてプラセンタは胎盤という赤ちゃんを育てる役割を持っていたことから、どうやら細胞の成長を活性化させる成長因子の働きがあるのでは?と研究が進んでいます。プラセンタを取り入れると調子がいい!と多数の人が感じる実感を、科学的に証明できる一歩手前まできています。

なのでこれらアミノ酸をとったからといって、プラセンタと全く同じになるかは不明です。プラセンタにはアミノ酸以外にもたくさんの優れた栄養が詰まっていますし、まだ解明されていない神秘のパワーがあるようなので。

ただ、プラセンタがどうしても抵抗があるというのなら、こういったアミノ酸を中心にしたサプリメントなんかはいい実感を得られるかもしれませんね。

プラセンタ代替品・代わりになるサプリメント